保育方針

保育方針

保育所保育指針に基づき、しっかりした専門性を持った保育を目指します。
子どもの発達に基づいた保育を心がけています。
本園は、キリスト教精神に基づいて、子どもと保育者との信頼関係を確かに結びながら、安全と安心な場所となるように祈り努めて保育するものです。子ども一人ひとりを大切にし、保護者からも信頼され、地域に愛される保育園を目指し、健康で思いやりのある豊かな人間性をもった子どもを育てる。


めざすこども像

やさしく・たくましく 個性豊かに創造する子ども


保育で目指していること

・一人一人の子どもが、人や広い自然とかかわり、生き生きと遊ぶなかで丈夫な身体や豊かな感性を育てます。
・草花や小動物など、いのちあるものを大切にし、やさしい心を育てます
・異年齢児との遊びを多くし、助け合う生活を通して、みんなといっしょに遊ぶよろこびをもち、思いやりのこころを育てます
・食育を大切にし、食べたいもの、好きなものが増えて一緒に食べる楽しさを味わい、すすんで、食事の準備を手伝うなど、食生活の基礎を育みます
・家庭や地域に開かれた保育園として“安心とよろこび”の保育をすすめていきます